古田敦也氏と青森県内チーム運営者と懇談(2017/9/29 09:30)
デーリー東北

古田敦也氏と青森県内チーム運営者と懇談(2017/09/29 09:30)

取材に応じる古田敦也さん=28日、青森市

写真

 元ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏を招いての青森プロスポーツ交流会が28日、青森市で開かれ、青森県内のサッカー、バスケットボール、アイスホッケーのチーム運営者らが地域振興などについて古田氏と意見交換した。

 交流会はスポーツビジネスの活性化を支援しようと明治安田生命青森支社が事務局となって企画。ヴァンラーレ八戸の細越健太郎代表、東北フリーブレイズの中村考昭代表、青森ワッツの下山保則代表らが参加した。

 各チーム代表が古田さんに対し、目標や理念、課題などを伝えた。中村代表は「ファンに近いチームづくりをどうするかが課題」と話した。この後、非公開で懇談が行われた。

 会議後、取材に応じた古田さんは「東京でも地元意識が大事だった」と地域を大切にする姿勢が必要と強調した。細越代表は「古田さんの話はとても参考になった」と述べた。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。