大観の「白衣観音」百年ぶり発見 新たな手法を模索した人物画(2017/10/12 17:11)
デーリー東北

大観の「白衣観音」百年ぶり発見 新たな手法を模索した人物画(2017/10/12 17:11)

 制作中の横山大観(撮影年月日不明)

写真

 近代日本画の巨匠、横山大観(1868〜1958年)の人物画「白衣観音」が、105年ぶりに見つかったと、東京国立近代美術館などが12日、東京都内で発表した。同館の鶴見主任研究員は「周囲から誹謗されていた『朦朧体』から脱する、新たな手法を模索していた過程が分かる貴重な作品」と話している。

 同館と京都国立近代美術館で来年開く「生誕150年 横山大観展」で公開される。

 「白衣観音」はインドの風俗を念頭に置いて描いたとみられる絹本着色の作品で、縦約140センチ、横約113センチ。1908年に制作され12年の大観画集に掲載されたが、その後所在が分からなくなっていた。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。