八戸港 今季もサバ小型 「密度効果」など要因か(2017/11/04 08:00)
デーリー東北

八戸港 今季もサバ小型 「密度効果」など要因か(2017/11/04 08:00)

八戸港に水揚げされたサバ。近年は小型化が問題となっている=10月17日、八戸市第1魚市場

写真

 八戸港に水揚げされるマサバは今シーズンも小型が主体となっている。2014年から小型傾向が続いており、締めさばなどの加工に向く450グラム以上のサイズが極端に少ない異常事態で、加工業者は「本来なら450グラム以上が大半のはず。今年も期待外れだ」と頭を抱える。国の資源評価を担当する国立水産研究教育機構(横浜市)の由上龍嗣(ゆかみ・りゅうじ)研究員は「これほど成長しないのは過去にない例だ」と指摘。要因について、資源量が多過ぎて餌が行き渡らない「密度効果」やマイワシ増加のしわ寄せ、冷たい海水の流入などが複合している可能性を示した。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。