元プロ野球選手の高倉照幸氏死去 西鉄黄金時代の1番打者(2018/2/13 13:54)
デーリー東北

元プロ野球選手の高倉照幸氏死去 西鉄黄金時代の1番打者(2018/02/13 13:54)

 死去した高倉照幸氏

写真

 元プロ野球西鉄、巨人、ヤクルトでプレーした高倉照幸(たかくら・てるゆき)氏が12日午前、福岡市内の病院で死去した。83歳。

 熊本商高から1953年に西鉄(現西武)に入団し、俊足巧打の外野手として“野武士軍団”と呼ばれた西鉄黄金時代を支えた。知将、三原脩監督の下、1番打者として大下弘、中西太、豊田泰光が中心の「流線形打線」の一翼を担うなど日本シリーズで巨人を56年から3年連続で破った。

 67年に巨人、69年にアトムズ(現ヤクルト)に移籍し70年限りで現役引退。通算成績は18年間で1793試合出場、1611安打、打率2割7分6厘、168本塁打、640打点。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。