うつぶせ寝対策、10%未実施 保育施設の抽出調査(2018/11/09 09:10) 
デーリー東北

うつぶせ寝対策、10%未実施 保育施設の抽出調査(2018/11/09 09:10)

 保育施設の事故防止策

写真

 総務省行政評価局は9日、149の保育施設を抽出した事故防止策の調査で、乳幼児の死亡事故が起きやすいとされる「うつぶせ寝」について、約10%が対策を実施していなかったと発表した。水遊びの監視や食物アレルギー対策が不十分な施設も確認。「安心して子どもを預けられる環境が必要だ」として、厚生労働省と内閣府に関連施策の改善を勧告した。

 保育所や認定こども園といった保育施設は、共働き家庭の増加などでニーズが高まる一方、2017年に死亡事故が全国で7件、骨折などの重大事故が841件発生している。 調査は15都道府県の29市町村にある施設を対象に実施した。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。