平等院の菩薩像、来迎仏と判明 元来は死者の魂迎える前傾姿勢(2017/10/06 19:51)
デーリー東北

平等院の菩薩像、来迎仏と判明 元来は死者の魂迎える前傾姿勢(2017/10/06 19:51)

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)は6日、所蔵の木造聖観音菩薩立像(平安時代後期)が、元来は死者の魂を迎えに行く「来迎仏」として前傾姿勢で造られていたことが分かったと発表した。魂を迎える動きを表現した来迎仏は絵画では多いが、仏像として造ることは難しく、現存する立像来迎仏は珍しいという。

 平等院によると、仏像は高さ109センチ。11世紀後半から12世紀前半に造られたとみられる。現在は片手にハスの花を持ち直立しているが、2015年からの修復調査で、元来は体全体を前傾させた姿勢だったことが分かった。

 7日〜来年1月12日、平等院ミュージアム鳳翔館で公開される。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。