奈良・興福寺国宝館リニューアル 1年ぶり、拝観は元日から(2017/12/28 10:41)
デーリー東北

奈良・興福寺国宝館リニューアル 1年ぶり、拝観は元日から(2017/12/28 10:41)

 リニューアルした国宝館。手前は千手観音菩薩立像=28日午前、奈良市の興福寺

写真

 奈良市の興福寺で28日、耐震改修工事を終えリニューアルした国宝館が報道陣に公開された。拝観は来年1月1日からで、奈良、平安、鎌倉各期の仏像や名品が1年ぶりに一堂に会する。

 耐震改修工事を終え、リニューアルした国宝館=28日午前、奈良市の興福寺

写真

 高さ約5メートルの千手観音菩薩立像や、絵画と彫刻の要素がある板彫十二神将立像(いずれも国宝)は久々の登場。工事の間、東金堂や仮講堂に移されていた銅造仏頭や阿修羅像も安置される。

 国宝館は僧侶が食事をする「食堂」があった場所に、1959年に建てられた。工事では壁を増やして耐震性を上げたり、仏像を安置する須弥壇を強化したりしたほか、レイアウトや照明を工夫し、より荘厳な雰囲気を作り出した。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。