宮大工の技術、有力候補に ユネスコ無形文化遺産(2018/2/07 05:24)
デーリー東北

宮大工の技術、有力候補に ユネスコ無形文化遺産(2018/02/07 05:24)

 伝統的木造建造物の屋根の檜皮をふき替える作業=2015年10月、奈良市の春日大社

写真

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の新たな候補として、宮大工や左官などが受け継ぐ伝統的な木造建造物の修理技術が有力になっていることが6日分かった。7日午後に開かれる国の文化審議会で選定が決まれば、2020年の登録を目指し、政府が申請する。日本の高度な「匠の技」を国内外にアピールし、技術継承の機運を高めたい考えだ。

 申請の対象は、伝統工法で寺社を建てる宮大工や、しっくいで壁を仕上げる左官、かやぶきや檜皮ぶきの屋根職人、手縫いの畳職人の技術などが中心になる見込み。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。