声優の八城「臨場感すごい」 フェンシングのドラマCD(2018/2/08 16:40)
デーリー東北

声優の八城「臨場感すごい」 フェンシングのドラマCD(2018/02/08 16:40)

 ドラマCD「DUEL!」で声優を務めた(左から)八城まゆ、柊木りお、沢翔子=東京都内

写真

 フェンシングを題材にしたスポーツ漫画「DUEL!」がドラマCD化され、声優を務めた八城まゆ、柊木りお、沢翔子の3人が聴きどころなどを語った。

 このドラマCDは、内気な高校生みのりがフェンシングと出合い、成長する姿を声や音楽などで表現している。今回3人が演じたのはライバル高校「堀原学園」の生徒たち。八城は「原作は試合のシーンも多く、最初は映像なしでどうなるのだろうと思いましたが、皆の息遣いなどで臨場感がすごいです」とPR。

 「登場人物一人一人が魅力的」と語る柊木はドラマCDの主題歌の歌と作詞も担当。「嘆くことがあっても前に進もうという思いを歌詞に込めました」と笑顔で語る。

 DUELは決闘という意味だが、八城は「私はじゃんけんでいつも負けます」と苦笑い。アイドル時代に経験したことを基に小説を執筆しているという沢は「人の話を聞くのが大好きで、会話を終わらせないことでは誰にも負けません」。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。