塚本監督「斬、」の意図語る ベネチア映画祭で出演者も会見(2018/9/07 22:02) 
デーリー東北

塚本監督「斬、」の意図語る ベネチア映画祭で出演者も会見(2018/09/07 22:02)

 第75回ベネチア国際映画祭でポーズをとる(左から)池松壮亮さん、蒼井優さん、塚本晋也監督=7日、イタリア・ベネチア(AP=共同)

写真

 【ベネチア共同】第75回ベネチア国際映画祭で7日、コンペティション部門に出品されている時代劇「斬、」の塚本晋也監督と出演者の池松壮亮さん、蒼井優さんが記者会見した。塚本監督は「世界や日本が戦争に近づいている中、今の若い人が江戸時代に行って、人を殺さなければいけない状態になったときにどうなるんだろうと考えたのが、この映画です」と製作意図を語った。

 「斬、」は池松さん演じる浪人の心の葛藤を通し、生死の問題を描く。塚本監督は「時代劇では人を殺すのが当たり前で、ヒーローだったりするが、本当にそうなのかなと思った」と説明した。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。