くらし:釣り情報
デーリー東北

釣り情報

釣り情報(6月15日)

 【海】八戸市内の各漁港ではチカ、サバ、イワシのサビキ釣りが楽しめる。第3魚市場で49センチのアブラメ。種差では35センチのカレイ。夜釣りで良型のアナゴが釣れ始め、フェリー埠頭(ふとう)では70センチ超、ポートアイランドでは20匹超上がった。

 階上はチカやタナゴが釣れているが、釣果は潮回り次第。

 六ケ所は40センチ台のアブラメとクロガシラ。サーフのサクラマスはピークを過ぎた。

 野辺地から夏泊にかけてはアブラメ、カレイ、ソイ、メバル。夏泊ではイワシの群れが見えている。

 久慈の侍浜では50センチのアブラメ、49センチのナメタガレイ、28センチのタナゴが上がった。

 【船】八戸沖ではクロガシラとマガレイが1隻で170匹と爆釣。階上沖はアブラメが引き続き好調。良型のソイ、サバも交じる。

 陸奥湾のマダイは10日、横浜沖で80センチ超を筆頭に1隻で60匹、むつの浜奥内沖では50匹上がった。平内の東田沢沖では、1時間半で50〜60センチ台が10匹釣れた。ヒラメ狙いの人も増えているが、目立った釣果は聞かれなかった。

 【川】奥入瀬川で30センチのイワナ。青森県内の各河川では、7月1日のアユ解禁を控え、様子見をする動きが目立ってきた。

   ◇  ◇  ◇

 各地の漁港などでは、週末にサビキ釣りを楽しむ人が増えてきました。自分で出したごみは必ず持ち帰りましょう。また、ライフジャケットを着用し、天候を確認しながら楽しみましょう。

 【釣り情報提供】

 ▽八戸市=八戸磯釣愛好会、河原釣具店、つり天狗、まべち釣具店、クラウンつり具センター、八戸フィッシング、つり具のビッグオーシャン八戸店、川口釣具店▽階上町=さかした釣具店、青森フィッシングガイド▽十和田市=鈴木釣具店▽野辺地町=昭和堂▽六ケ所村=つり具のビッグオーシャン▽青森市=遊漁船「鯛多ニック」▽平内町=モトオ釣具店▽久慈市=渡辺釣具店

魚信

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。