テロ対策へ新止血法 総務省消防庁が普及目指す(2017/12/23 17:06)
デーリー東北

テロ対策へ新止血法 総務省消防庁が普及目指す(2017/12/23 17:06)

 総務省消防庁は、救急隊員らによる新たな止血法の普及を目指している。手足の切断など、大量の出血を伴う大けがに有効とされる。2020年東京五輪・パラリンピックに備えたテロ対策の一環で、事故や災害にも役立つとみている。来春までに研修計画とテキストを作り、全国の消防本部に配る予定だ。

 この方法は「ターニケット」と呼ばれる器具を使用。負傷した手や足をベルトの輪に通し、棒を回して締め付ける。動脈を素早く確実に圧迫することで出血を止められ、米ボストン・マラソンを狙った爆破テロ(13年)でも活用された。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。