群馬大病院、説明に録音を検討 手術死問題、再発防止に取り組み(2018/1/22 21:43)
デーリー東北

群馬大病院、説明に録音を検討 手術死問題、再発防止に取り組み(2018/01/22 21:43)

 再発防止の取り組みに関し、報道陣に説明する群馬大病院の田村遵一病院長(右)=22日午後、前橋市

写真

 群馬大病院(前橋市)は22日、同じ男性医師=退職、懲戒解雇相当=による手術で患者が相次いで死亡した問題を受け、患者に対するインフォームドコンセント(説明と同意)の録音を検討していることを明らかにした。患者の遺族に対し、再発防止の取り組み状況に関する説明会で方針を示した。

 手術のビデオ録画の対象を拡大することも検討している。9遺族からなる遺族会が要望していた。説明会は非公開で、終了後、病院が記者会見した。田村遵一病院長は録音などの方針について「国内では例がない」としている。

 病院によると、説明会は21、22両日に実施された。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。