名古屋大が新たな免疫療法 臨床研究、がん攻撃力強化(2018/1/25 11:57)
デーリー東北

名古屋大が新たな免疫療法 臨床研究、がん攻撃力強化(2018/01/25 11:57)

 患者の免疫細胞にがんへの攻撃力を高める遺伝子操作を加えて体内に戻す新たな免疫療法の臨床研究を、名古屋大が2月にも始めることが25日、分かった。他に治療法がない急性リンパ性白血病の患者が対象。国内では自治医大に次ぎ2例目の臨床研究で、安全性がより高い手法を使うとしている。

 キメラ抗原受容体T細胞(CAR―T)療法と呼ばれ、患者の血液から免疫を担うリンパ球を取り出し、がんになったリンパ球を認識して攻撃するよう遺伝子を操作し、体内に戻す。

 臨床研究は60歳までの患者12人に実施する。まず成人から始め、問題がなければ15歳以下の子どもに拡大する。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。