日本の再処理に懸念なし 米国務省、協定延長の意向(2017/9/28 09:50)
デーリー東北

日本の再処理に懸念なし 米国務省、協定延長の意向(2017/09/28 09:50)

 【ワシントン共同】米国務省の当局者は27日、日本の使用済み核燃料の再処理によって保有量が増すプルトニウムについて「日本は核不拡散のリーダー。懸念はない」との見解を明らかにした。共同通信の取材に答えた。再処理を日本に認める日米原子力協定が来年7月に期限を迎えるが、「協定破棄や再交渉を探るつもりはない」と自動延長を望む意向を示した。

 日本は使用済み核燃料から取り出したプルトニウム約47トンを保有。核爆弾数千発分にも相当する。核不拡散を重視するオバマ前政権は日本のプルトニウム保有量に神経をとがらせていたが、トランプ政権は寛容な姿勢に転じる可能性もある。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。