先進国の温暖化削減目標、不公平 NGO報告書「歴史的責任」分析(2017/11/07 20:25)
デーリー東北

先進国の温暖化削減目標、不公平 NGO報告書「歴史的責任」分析(2017/11/07 20:25)

 【ボン共同】過去に排出した温室効果ガスが地球温暖化に与えた影響を考慮すると、先進国が掲げた削減目標は低すぎ、公平性を欠くとした報告書を環境NGOなど約130団体でつくるグループが7日、公表した。

 パリ協定は、各国の対策を検証して目標を改善する仕組みがある。グループは、産業革命以降、大量の化石燃料を使ってきた先進国には重い「歴史的責任」があると分析。

 米国は、30年に国民1人当たり二酸化炭素換算で36トン減らさなければならないが、今の目標を達成するだけなら削減量は6トン。日本は20トン、EUは14トン削減すべきだが、目標はそれぞれ2トン、3トンにとどまる。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。