宇宙滞在で脳わずかに変形 飛行士、無重力影響か(2017/11/08 18:12)
デーリー東北

宇宙滞在で脳わずかに変形 飛行士、無重力影響か(2017/11/08 18:12)

 【ワシントン共同】国際宇宙ステーションに約半年間の長期滞在した宇宙飛行士に、脳の形がわずかに変わったり、位置がずれたりする異常が見つかったと、米サウスカロライナ医大などのチームが8日までに発表した。

 無重力状態に長期間いたのが原因とみられる。脳の働きや健康への影響は不明だが、往復で2〜3年かかる将来の火星への有人探査を見据えると、継続して調べる必要があるとしている。

 チームは磁気共鳴画像装置(MRI)を使って、打ち上げ前後の飛行士の脳を撮影し、比較した。長期滞在した18人のうち17人の脳で、頭頂部近くの「中心溝」と呼ばれる溝が狭まったことを確認した。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。