草津白根、火山ガス上昇で爆発か 東京工大観測所が分析(2018/1/30 17:47)
デーリー東北

草津白根、火山ガス上昇で爆発か 東京工大観測所が分析(2018/01/30 17:47)

 本白根山の噴火とガスの動き

写真

 23日に噴火した草津白根山の本白根山(群馬県)では、地下のマグマから出た高温の火山ガスが上昇し、水蒸気噴火に至った可能性があることが、30日までの東京工業大・草津白根火山観測所の野上健治教授(地球化学)らの分析で分かった。マグマが活発化している可能性もあり、ガスの監視が欠かせないという。

 噴出した火山灰を分析するとフッ化水素や塩酸、二酸化硫黄が含まれていた。隣接する草津白根山の白根山では地下の高温高圧の熱水に溶け、ガスとしてはほとんど出てこない。

 野上教授は「白根山に上がっていた火山ガスが本白根山への通り道ができて噴火を引き起こした可能性がある」と話す。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。