北海道電力泊原発、厳冬期に訓練 30キロ圏内の住民が避難(2018/2/08 13:28)
デーリー東北

北海道電力泊原発、厳冬期に訓練 30キロ圏内の住民が避難(2018/02/08 13:28)

 北海道は8日、北海道電力泊原発(泊村)で、暴風雪時に重大事故が発生したとの想定で原子力防災訓練を実施した。北海道で厳冬期に半径30キロ圏内の住民が避難する訓練は初。

 数年に1度の猛吹雪の中、黒松内町の断層を震源とする震度6強の地震が発生し、泊原発3号機から放射性物質が放出されたとのシナリオ。

 約400の防災関係機関と住民約1万人が参加し、うち数百人が避難。泊村では雪で孤立した住宅の前を消防署員が雪かきをして、道を確保してお年寄りを救出した。

 寿都町では「右のワイパーに汚染あり」などと声を掛け合い、バスや乗用車に放射性物質が付着しているかを調べた。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。