妙高戸隠で入域料実験 国立公園の保護充実(2018/9/03 18:15) 
デーリー東北

妙高戸隠で入域料実験 国立公園の保護充実(2018/09/03 18:15)

 環境省は3日、妙高戸隠連山国立公園(新潟、長野)で、妙高山や火打山の登山者に1人500円の寄付を依頼する社会実験を始めると発表した。入域料の導入により、登山道管理や絶滅の恐れがあるライチョウの保護を充実させる狙い。

 実施期間は10月1~21日の午前5時~午後5時。笹ケ峰、燕温泉、新赤倉の三つの登山口(いずれも新潟県妙高市)に係員や募金箱を配置し、協力を求める。

 入域料への賛否や支払ってもいいと思う金額、使途の希望、自然環境や登山道の感想などについて、下山時にアンケートを実施する。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。