大間原発、運転また先送り 安全対策工事を2年延期(2018/9/04 13:28) 
デーリー東北

大間原発、運転また先送り 安全対策工事を2年延期(2018/09/04 13:28)

 建設中の大間原発について、運転開始時期の延期を説明する電源開発の楠瀬昌作大間現地本部長=4日午前、青森県大間町役場

写真

 電源開発(Jパワー)は4日、青森県大間町で建設中の大間原発について、2018年後半としていた安全対策工事の開始時期を約2年延期すると町議会で説明した。原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査の長期化が理由で、工事の延期は3回目。同社が当初目指した21年度ごろの運転開始は24年度ごろとなっていたが、さらに26年度ごろに先送りされる公算となった。

 大間原発は全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使う世界初の商業用原子炉で、核燃料サイクル政策の中核施設の一つ。大間原発の完成が遅れれば、同政策の見通しがさらに狂う。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。