島根原発3号機の稼働審査開始 規制委、原発事故後2例目(2018/9/04 12:13) 
デーリー東北

島根原発3号機の稼働審査開始 規制委、原発事故後2例目(2018/09/04 12:13)

 中国電力島根原発3号機(手前)=松江市

写真

 原子力規制委員会は4日、中国電力が新規稼働を目指す島根原発3号機(松江市、建設中)について、原発の新規制基準に適合しているか確認する審査会合を初めて開いた。島根3号機は2011年の東京電力福島第1原発事故当時に既に建設中で、そうした原発が審査入りするのは電源開発の大間原発(青森県)に続き2例目。中国電が8月に審査を申請していた。

 9割以上の建設を終えている3号機の出力は国内最大級の137万3千キロワットで、全国で唯一、県庁所在地にある。建設の進み具合が4割未満の大間原発より早く審査が進めば、原発事故後、新たに稼働する初の原発となる可能性がある。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。