コロブス類のサル、甘味に鈍感 苦味も、競争避け独自の進化か(2018/9/07 18:29) 
デーリー東北

コロブス類のサル、甘味に鈍感 苦味も、競争避け独自の進化か(2018/09/07 18:29)

 インドネシアの自然保護区で葉を食べるコロブス類のサル(京都大提供)

写真

 葉や熟していない果物を主食とするコロブスという種類のサルは、甘味に対する感覚が鈍いことが分かったと、京都大の今井啓雄教授(分子生物学)のチームが7日、発表した。成果は国際科学誌電子版に掲載された。

 コロブス類にはテングザルやキンシコウ、ジャワルトンなどがいる。

 これまでの研究で、苦味にも鈍感なことが判明しており、味覚があまり機能しないように進化した可能性があるという。

 チームによると、コロブス類は主に樹上で生活するが、甘く熟した果物をほとんど食べない。甘いものを好む他の霊長類や鳥類との競争を避け、独自の嗜好を形成していったとみられる。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。