米、ゲノム編集特許は応用者側 連邦高裁が判断(2018/9/12 16:50) 
デーリー東北

米、ゲノム編集特許は応用者側 連邦高裁が判断(2018/09/12 16:50)

 【サンフランシスコ共同】遺伝情報を持つDNAを自在に改変できる「ゲノム編集」技術の特許権争いで、米連邦高裁は11日までに、基本的な仕組みを開発した大学教授らの主張を退け、人の細胞への応用に成功した研究者らに特許権を認めた。ゲノム編集技術は、ノーベル賞の対象として有力視されている。

 特許権が争われたのは「クリスパー・キャス9」という手法。米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授らのグループが2012年に基本的な技術を開発。

 一方、ブロード研究所のフェン・チャン博士らはダウドナ教授らの仕組みを改良して人の細胞への応用に成功していた。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。