鉄道車両で貨客混載の実験 岐阜・長良川鉄道とヤマト運輸(2017/11/06 18:17)
デーリー東北

鉄道車両で貨客混載の実験 岐阜・長良川鉄道とヤマト運輸(2017/11/06 18:17)

 美並苅安駅に到着し、長良川鉄道の車両から運び出される荷物用ボックス=6日午後、岐阜県郡上市

写真

 長良川鉄道(岐阜県関市)とヤマト運輸は6日、乗客と宅配便の荷物を同一の鉄道車両で輸送する「貨客混載」の実証実験を始めた。両社は、安全性の確認やドライバーの労働環境の改善を検証した上で、来年早期の導入を目指している。

 運賃以外の収入を得たい長良川鉄道が、山間地の配送効率を上げたいヤマト運輸に提案。国土交通省中部運輸局の協力を得て計画を進めてきた。

 実験は、関駅(関市)―美並苅安駅(同県郡上市)の約23キロの片道で実施。荷物用ボックスを1両編成の後ろに固定し、ヤマト運輸の社員が同行した。美並苅安駅からは、待ち受けた同社のドライバーが車で配達先まで運搬する。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。