高速道と民間施設直結のIC整備 三重で初認定(2017/12/26 20:30)
デーリー東北

高速道と民間施設直結のIC整備 三重で初認定(2017/12/26 20:30)

 国土交通省は26日、高速道路と近くの民間施設を結ぶスマートインターチェンジ(IC)建設事業として、伊勢自動車道と三重県多気町の複合レジャー施設をつなぐ計画の大枠を、全国で初めて「整備方針」として認定した。開通時期は未定。

 この制度は自動料金収受システム(ETC)搭載車専用のスマートICを経由し、高速道路と商業施設や物流拠点などを直結させる。通常は自治体や高速道路会社などが負担する整備費は、事業を提案した企業が負担する。

 今回の事業は「三重故郷創生プロジェクト」が計画。温浴施設やレストランが入る「アクアイグニス多気(仮称)」を2020年に開業する予定だ。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。