カズオ・イシグロ氏、長崎へ礼状 「特別な気持ち」したため(2017/12/27 18:43)
デーリー東北

カズオ・イシグロ氏、長崎へ礼状 「特別な気持ち」したため(2017/12/27 18:43)

 カズオ・イシグロ氏から長崎市の田上富久市長に届いた手紙

写真

 長崎市と長崎県は27日、地元出身の英国人作家カズオ・イシグロ氏にノーベル文学賞決定を祝うメッセージを送り、授賞式前の11月下旬に本人直筆のサインが入った礼状が届いたと明らかにした。礼状は英語で「『長崎』と聞くだけで、いまだに特別な気持ちに包まれる」「長崎は常に私の一部であり続ける」としたためられていた。

 田上富久市長は手紙に、長編小説「遠い山なみの光」が原爆からの復興途上にある長崎を舞台にしていることを「誇らしく思う」と記した。イシグロ氏は礼状に「私にとって記憶の中の『日本』は、まさしく長崎。市民に喜んでいただけたことを大変うれしく思う」と応じた。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。