景観調和する点字ブロックを開発 低視力でも見分けやすく(2017/12/28 08:59)
デーリー東北

景観調和する点字ブロックを開発 低視力でも見分けやすく(2017/12/28 08:59)

 景観に調和し、視力の低い人でも見分けやすい点字ブロックを持つ伊藤啓・東京大准教授=22日、東京都文京区

写真

 色の濃さを抑えて景観に調和させつつ、視力の低い人が認識しやすい道路の点字ブロックを開発したと東京大の伊藤啓准教授らが28日までに発表した。

 道路に敷かれた突起のある濃い黄色のブロックは、全盲の人だけでなく、視力が低い人が安全な歩行経路を知るのに役立っている。ただ濃い黄色は目立ち過ぎて景観から「浮く」という問題がある。

 伊藤さんらは新しいブロックを開発するため、視力の低い約100人に協力を依頼。建築物に合わせやすい淡い黄の中で、黄緑かオレンジに寄ったものなら、多くの人にとって濃い黄と同等以上に路面との違いを見分けやすいことを発見した。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。