山梨県がブドウ新品種を開発 強い甘み、艶めく赤(2018/9/04 15:40) 
デーリー東北

山梨県がブドウ新品種を開発 強い甘み、艶めく赤(2018/09/04 15:40)

 山梨県が開発した新品種のブドウ。奥は通常のシャインマスカット

写真

 山梨県は4日、種がなく皮ごと食べられる新品種のブドウを開発したと発表した。強い甘みと赤く艶めく果皮から人気の高級ブドウにちなみ、「赤いシャインマスカット」と呼んでいる。県内のみで栽培するブランド品種として今後、国に登録を出願する。

 国の研究機関が開発した高級ブドウ「シャインマスカット」は果皮が黄緑。強い甘さから海外でも人気が高く、全国で栽培されている。新品種は1房約600グラムで、糖度は19度ほど。一般に出回るまでには5~6年かかるという。

 県は2008年からオリジナル品種の研究を進めており、後藤斎知事は同日の記者会見で「悲願の達成だ」と話した。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。