パナマ先住民の民族衣装を紹介 クナ族の約70点、8日から(2018/9/06 19:42) 
デーリー東北

パナマ先住民の民族衣装を紹介 クナ族の約70点、8日から(2018/09/06 19:42)

 日本初公開の植物のモラ(1960年代、(C)Diana Marks)

写真

 日本初公開を含め、パナマの先住民クナ族の民族衣装約70点を紹介する「MOLA(モラ)パナマの先住民クナ族の衣装と意匠」が「たばこと塩の博物館」(東京都墨田区)で9月8日から開かれる。10月21日まで。

 モラは、クナ族の女性が着る民族衣装のブラウス。ブラウスの前面と背面の身頃に、布の上に、切れ目を入れた布を重ねていく手法で線を表現し、仕上げに色鮮やかな刺しゅうを施し、花や鳥、魚などを描く。

 モラのコレクターの一人として知られる米国人エリザベス・ハンス氏が収集した良質なモラを展示する。モラに描かれたカリブ海沿岸の自然やクナ族の生活についても紹介する。

 月曜休館、祝日の場合は開館。入館料は大人・大学生100円など。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。