被災地の小学校で遠隔合同授業 福島、児童減少で(2018/2/08 19:41)
デーリー東北

被災地の小学校で遠隔合同授業 福島、児童減少で(2018/02/08 19:41)

 大型スクリーンを使って別の小学校と合同授業を受ける福島県楢葉町の児童たち=8日午後、福島県楢葉町

写真

 東京電力福島第1原発事故で被災した福島県の楢葉町、富岡町、川内村の小学校が8日、3カ所の教室をテレビ会議用システムでつなぎ、遠隔合同授業を行った。それぞれの教室の様子が複数の大型スクリーンに映し出され、児童計19人が古里を紹介し合った。

 復興庁の支援事業の一環で児童数が減っている被災地の学校でも多人数で授業を受け、子ども同士で意見を交換する機会づくりが狙い。今後、原発事故で避難指示が出た12市町村での導入も検討している。

 この日は3町村から3・4年生が参加。楢葉町の児童が地元の木戸川を紹介すると、川内村の児童は画面越しに「ヤマメはいますか」と質問した。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。