国宝「懸守」に如来像 大阪・四天王寺(2018/2/09 18:35)
デーリー東北

国宝「懸守」に如来像 大阪・四天王寺(2018/02/09 18:35)

 四天王寺(大阪市天王寺区)の国宝で、首からぶら下げるお守り「懸守」(平安時代)に、如来像が内側に彫られた木製の円柱が納められていたことが分かり、9日、調査した京都国立博物館などが発表した。

 四天王寺の一本崇之学芸員は「信仰の歴史を知る上で貴重な発見」としている。

 懸守(高さ6・4センチ、奥行き7・3センチ)は削って桜の花びらを模した木材に布を貼ったもの。平安時代に皇族や公家など高貴な身分の女性か子どもが身につけていたとみられ、後に四天王寺に奉納された。これまでも内部に何らかの品が納められていることは知られていたが、コンピューター断層撮影調査で分かった。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。