論文不正防止に「長い目必要」 田中さんと大隅さんが会見(2018/2/09 19:41)
デーリー東北

論文不正防止に「長い目必要」 田中さんと大隅さんが会見(2018/02/09 19:41)

 記者会見する大隅良典・東京工業大栄誉教授(右)と田中耕一・島津製作所シニアフェロー=9日午後、京都市

写真

 ノーベル賞受賞者の田中耕一・島津製作所シニアフェロー(58)と大隅良典・東京工業大栄誉教授(73)が9日、京都市のホテルで記者会見し、論文不正の防止策について聞かれ、若い人が成果を出すのに長い目で見る必要性を訴えた。

 田中さんは自身の研究で結果が出るまで時間がかかったり、失敗したりした経験を紹介。研究者の有期雇用などの背景を指摘し、「国は成果を出すのに長い目で見なければいけない」と話した。

 大隅さんは「決して良い方向に日本の科学は向かっていない」との認識を示した上で、「10〜20年を見通す視点を持たないと科学の進歩は難しい」と話した。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。