輸入小麦の価格2・2%上げ 4期連続、少雨で収穫減少(2018/9/11 16:20) 
デーリー東北

輸入小麦の価格2・2%上げ 4期連続、少雨で収穫減少(2018/09/11 16:20)

 農林水産省は11日、今年10月期(10月~2019年3月)の輸入小麦の政府売り渡し価格について、主要5銘柄の平均で今年4月期に比べ2・2%引き上げ1トン当たり5万5560円にすると発表した。米国などで少雨による収穫減少が懸念され、小麦の国際価格が上昇したことが要因。値上げは4期連続となった。

 売り渡し価格は半年ごとに見直す。今回の値上げの影響額について農水省は、食パン1斤で0・1円、家庭用の小麦粉(薄力粉)1キロで3・8円の上昇になると試算した。原油高で海上輸送の運賃が値上がりしたことも影響した。

 日本は小麦の需要量の約9割を外国から輸入している。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。