東芝が荷下ろしロボット公開 物流現場に売り込みへ(2018/9/12 00:18) 
デーリー東北

東芝が荷下ろしロボット公開 物流現場に売り込みへ(2018/09/12 00:18)

 東芝インフラシステムズが公開した荷下ろしロボット=11日、東京都江東区

写真

 東芝インフラシステムズ(川崎市)は、荷台から荷物を自動で下ろしてベルトコンベヤーに載せるロボットを開発し、東京都内で11日から始まった国際物流総合展で初公開した。30キログラムまでの荷物を1時間当たり350個以上、下ろすことができ、疲労で作業速度が落ちる人よりも効率的という。人手不足に悩む物流現場に売り込みたい考えだ。

 紙幣やはがきなどの情報を即座に読み取って高速で分類する東芝の得意技術を生かして開発した。担当者は「われわれの技術のリボーン(再生)だ」と力を込める。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。