中核市2年目の八戸市 健康、環境など独自策検討(2018/1/01 08:00)
デーリー東北

中核市2年目の八戸市 健康、環境など独自策検討(2018/01/01 08:00)

中核市となり1年が経過した八戸市。県からの権限移譲を生かした施策を展開できるか力量が問われる。(写真はコラージュ。上から時計回りに八戸市街地、市保健所保健予防課、市民課のパスポート申請窓口)

写真

 八戸市が中核市に移行して1年が経過した。青森県から保健衛生、福祉、まちづくりなど約2千件の権限が移譲され、保健所業務や旅券(パスポート)申請の受け付けなど、より住民に身近な距離で行政サービスを展開。これまでに大きなトラブルはなく、おおむね順調なスタートを切った。一方、市民への業務内容の周知や職員のスキルアップなど課題も。市は委譲された権限を生かし、将来的に市民の健康維持や環境保全に関する市独自の政策に取り組む方針で、北東北を代表する都市として飛躍できるか力量が問われる。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。