国連安保理議場で南北「接触」 閣僚級会合前、数分間会話(2017/12/30 16:43)
デーリー東北

国連安保理議場で南北「接触」 閣僚級会合前、数分間会話(2017/12/30 16:43)

 国連安全保障理事会の議場で、隣に座った韓国外務省の当局者とみられる男性と会話する北朝鮮の慈成男国連大使(左)=15日、ニューヨーク(共同)

写真

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会で15日に北朝鮮の核開発を巡る閣僚会合が開かれた際、北朝鮮の慈成男国連大使と韓国外務省の当局者とみられる男性が議場で数分間、親しそうに言葉を交わす場面があったことが30日までに分かった。両国の対立は深刻化しており、多くの人が見ている場で当局者同士が接触するのは珍しい。

 韓国側の関係者は「自然発生的に短い会話があったようだが、安保理のことが話し合われたわけではないと理解している」と述べた。

 慈氏らは、それぞれこの日の会合の関係国として、設けられた座席に着く前、会合を傍聴する各国の外交官用のスペースに隣り合って座った。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。