高等弁務官「法の裁き必要」 ロヒンギャ問題で国連人権理(2018/9/10 21:17) 
デーリー東北

高等弁務官「法の裁き必要」 ロヒンギャ問題で国連人権理(2018/09/10 21:17)

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会(47カ国)の通常会期が10日、ジュネーブで開幕した。今月新たに就任したバチェレ人権高等弁務官が冒頭演説し、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害を巡り「法の裁きが必要だ」と述べ、責任追及に向けた取り組みを支持する姿勢を示した。問題を国連総会に付託するため人権理に決議採択を求めた。

 6月に米国が理事会を離脱後、初の会期。ロヒンギャ問題のほか、シリア内戦の人権侵害問題などが主要議題。

 バチェレ氏はまた、ロヒンギャが国外追放された問題で「管轄権を行使できる」とした国際刑事裁判所の判断を「歓迎する」と表明した。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。