福岡豪雨の農地被害、調査進まず 人員不足、実施3割(2017/10/05 17:53)
デーリー東北

福岡豪雨の農地被害、調査進まず 人員不足、実施3割(2017/10/05 17:53)

 九州北部の豪雨で被害を受けた田んぼ。土砂に埋まらなかった稲が穂を付けていた=4日、福岡県朝倉市

写真

 九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市で、行政による農地の被害調査が約2200件の申請のうち、約670件の実施にとどまることが5日、分かった。甚大な被害に対し、調査員が不足しているのが主な要因。被災農家が公的補助を受けるには行政認定が必要だが、3割しか進んでおらず、復旧への影響が懸念される。

 補助制度は、災害復旧に関する国の暫定措置法に基づく。流入した土砂の撤去や農道の修理などにかかる費用を自治体が現地調査して算定。復旧費が40万円以上の場合、被害状況に応じて一定額が支給される。

 朝倉市の被害は農地に加え、農業用施設や農作物など347億円に上る。

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。