ツイッター高裁判事に分限裁判 「表現行為できなくなる」(2018/9/11 19:48) 
デーリー東北

ツイッター高裁判事に分限裁判 「表現行為できなくなる」(2018/09/11 19:48)

 分限裁判のため最高裁に向かう東京高裁の岡口基一裁判官(右手前)と弁護団=11日午後

写真

 ツイッターに不適切な投稿をしたとして東京高裁が懲戒を申し立てた岡口基一裁判官(52)について、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は11日、懲戒にするかどうかを決める非公開の分限裁判を開き、意見を聴く審問を行った。岡口氏は終了後に東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、申し立ての理由が曖昧だとして「証拠が薄弱で、法治国家としてあり得ない。怖くて表現行為ができなくなる」と訴えた。

 現役裁判官が会見するのは極めて異例。インターネットへの投稿を巡る分限裁判は初めてで、懲戒相当と判断されれば戒告か1万円以下の過料のいずれかが決まる。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。