天皇陛下、在位中最後の稲刈り 皇居の田んぼで(2018/9/12 18:44) 
デーリー東北

天皇陛下、在位中最後の稲刈り 皇居の田んぼで(2018/09/12 18:44)

 皇居内の田んぼで稲刈りをされる天皇陛下=12日午後、皇居(宮内庁提供)

写真

 天皇陛下は12日午後、皇居・生物学研究所の隣にある田んぼで、恒例の稲刈りをされた。皇居内での稲作は、昭和天皇から引き継いだ行事。来年4月末に退位する陛下にとって、在位中最後の稲刈りとなった。

 刈り取った稲は、陛下自ら種もみをまき、田植えをしたもの。陛下は鎌を片手に、手際よく稲を刈り取った。

 収穫したのは、もち米のマンゲツモチとうるち米のニホンマサリの計100株。残りも後日、陛下が刈り取る。宮内庁によると、今夏の猛暑による稲への影響はなく、作柄は平年並みだという。

 収穫した米は、在位中最後となる今年11月の宮中の神事「新嘗祭」などで使われる。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。