中国がステルス戦闘機を実戦配備 運用可能に、日米は警戒(2018/2/09 20:52)
デーリー東北

中国がステルス戦闘機を実戦配備 運用可能に、日米は警戒(2018/02/09 20:52)

 中国の次世代ステルス戦闘機「殲20」=2016年11月、中国広東省珠海市(共同)

写真

 【北京共同】中国空軍の申進科報道官は9日、次世代ステルス戦闘機「殲20」が空軍の作戦部隊に配備されたと発表した。中国軍が初めてステルス機を実戦で運用することが可能になった。申氏は「殲20の配備によって空軍の総合的な作戦能力が一段と高まる」と強調した。中国の軍拡路線に対する日米の警戒感が強まりそうだ。

 申氏はさらに実戦配備で「国家主権や安全、領土を守る神聖な使命を担う」と指摘。航空戦力の増強で国威発揚を図る狙いもありそうだ。今後、殲20による東シナ海や南シナ海上空での演習が実施される可能性がある。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。