ビーチサッカー監督にラモス氏 2019年W杯出場目指す(2018/2/08 18:58)
デーリー東北

ビーチサッカー監督にラモス氏 2019年W杯出場目指す(2018/02/08 18:58)

 日本サッカー協会は8日、東京都内で理事会を開き、ビーチサッカー日本代表監督にラモス瑠偉氏(60)の就任を決めた。過去にビーチサッカーのワールドカップ(W杯)4大会で日本を率いた実績があり、2019年のW杯出場を目指す。

 昨年8月に退任したマルセロ・メンデス監督の後任。ラモス氏は16年末に脳梗塞で倒れたが、現在は健康上の不安はないという。

 育成年代の強化責任者を務めた木村浩吉氏は、2月から海外派遣指導者を管轄するインストラクターとなる。育成年代の統括は23歳以下を山本昌邦副技術委員長、20歳以下を内山篤氏、17歳以下を池内豊氏が担当する。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。