稀勢の里関、不成績なら決議か 再起願う横審、苦言も(2018/1/29 20:29)
デーリー東北

稀勢の里関、不成績なら決議か 再起願う横審、苦言も(2018/01/29 20:29)

 横綱審議委員会の定例会合を終え記者会見する北村正任委員長。左は日本相撲協会の春日野広報部長=29日午後、両国国技館

写真

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は29日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、初場所の途中休場で5場所連続休場となった横綱稀勢の里関について、横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は次に出場する場所で不成績の場合に「激励」や「注意」の決議を行うことを示唆した。

 稀勢の里関本人は次に出場する場所に進退を懸けると明言している。北村委員長は「非常にファンが期待している力士。この困難を何とか克服してほしい」と再起を願った。ただ、途中休場を重ねる現状に「同じことが続いている。今回もそれを繰り返し、誠に残念だ」と苦言を呈した。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。