相撲協会が暴力問題の再発防止委 過去にさかのぼって実情把握(2018/2/01 22:33)
デーリー東北

相撲協会が暴力問題の再発防止委 過去にさかのぼって実情把握(2018/02/01 22:33)

 日本相撲協会の理事会に向かう八角理事長=1日午後、東京・両国国技館

写真

 日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で理事会を開いて暴力問題の再発防止検討委員会の設置を決め、委員として宇津木妙子氏(ソフトボール元女子日本代表監督)近石康宏氏(全日本柔道連盟副会長)ら4人を発表した。委員長は但木敬一氏(元検事総長)で、剣道の中田しゅう士範士8段も委員に名を連ねた。

 相撲協会は同委員会に元横綱日馬富士関による暴行問題の原因考察や、過去にさかのぼって角界の暴力の実情を把握すること、再発防止策の提言などを委嘱した。

 八角理事長(元横綱北勝海)によると4月下旬か5月上旬に中間報告を行い、10月末までに最終報告書をまとめる。

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。