天鐘
デーリー東北

天鐘

天鐘(9月23日)

 7年前の小紙文化面に、現役能楽師の最高齢で、シテ方宝生流の重鎮、今井泰男さんの記事が載っている。八戸地方の弟子に稽古をつけるため東京から毎月1回、40年にわたり八戸市に通い続けているという内容だ▼当時、数え年で90歳。自分を待っている弟子を思いやり、「死ぬまで八戸通いを続けるよ」。その言葉通り、94歳で亡くなる直前まで指導した。その後、長男の今井泰行さんが出張指導を受け継いでいる▼八戸市の舘弘子さん(70)は35年ほど前から、育児に追われた時期の中断を挟んで指導を受けてきた教え子。「稽古は厳しいけれど、地方に居ながら先生に直接指導いただけるのは本当にありがたいことです」▼いつも指導を受けている先生が、きょう史跡根城の広場で行われる薪能の舞台に立つ。舘さんは地元での公演が夢のように思え、友人を誘った。とかく能や狂言は敷居が高いと思われがちだが、「実際に雰囲気を味わってほしかった」▼今回の公演実現の伏線は2年前。狂言の公演で八戸を訪れた人間国宝の野村万作さんが根城の広場を通りかかった際に、「ここで薪能をできたら最高ですね」と語ったのがきっかけだ▼伝統芸能の普及に心を砕き、地方での公演に意欲的な能、狂言関係者の情熱が舞台を支える。公演を待ちわびていた観客の存在も大きい。多くの人々の思いが詰まった公演は午後4時半開場、同5時半開演。

過去1週間の天鐘

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。