天鐘 
デーリー東北

天鐘

天鐘(11月15日)

 落語に登場する熊さんは職人で、やや乱暴者という設定が多い。今の日本を見たら、きっと「何を言ってやんでえ」と怒るだろう。傍らのご隠居は「目くじらを立てなさんな。お役人はあんなもんですよ」となだめるかもしれない▼中央省庁の障害者雇用水増し問題で、厚生労働省をはじめ、総務省、経済産業省、法務省、国税庁も、職員を処分しない方針だという。責任を問うことなく、幕引きを図るつもりなのか▼各省庁が挙げた処分を見送る理由に、耳を疑った。国税庁は「意図的な数字操作ではなく、事務上のミスのため」としているが、そもそも不適切な計上が国の行政機関で最も多かったこと自体、大きな問題ではないのか▼財務省は「長年続いてきた問題」、経産省も「組織全体の対応に不備があった」として、ともに職員の責任を問うのは難しいとの考えを示す。同様の問題で職員を処分した地方自治体もある。国の対応とは随分違う▼これでは反省して再発防止に取り組むと国に言われても、眉に唾して聞かざるを得ない。障害者雇用促進法は、雇用率未達成の民間の事業主から納付金を徴収する仕組みだが、国は対象外。制度見直しの議論は聞かれない▼職員の処分を見送り、無責任がまかり通る現状にメスを入れないのは、役人天国を維持するためではないのかと、つい勘繰りたくもなる。熊さんの叫び声が聞こえる。「べらぼうめ」

過去1週間の天鐘



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。