天鐘 
デーリー東北

天鐘

天鐘(9月20日)

 数日前から、夕日が大きくなったように感じる。西に落ちていく時、野山を染めるオレンジ色も日に日に澄んで深みを増してきた。残暑も去り、秋に移ったことを空気が教えている▼彼岸の頃の太陽は、真東から出て真西に沈む。昼と夜の時間がほぼ同じになる「秋分の日」をはさみ、空が高く広くなっていくようだ。晴れた日の夕暮れ時、西側の空模様を眺めるだけで気分はドラマチックに▼仏教では昔から、真西に「浄土」があるとされ、この時期の夕日が道しるべを示すと考えられてきた。秋分の日没の場所に浄土を観想し、旅立っていった亡き人を偲(しの)ぶのだと。不思議と西の方角に目が向く季節である▼この間お盆が済んだと思っていたら、早いもので今日は彼岸の入り。墓参りに向かおうと隣町へ車を走らせれば、風になびくススキの穂が陽光に透けている▼秋彼岸といえば、子供の頃から何より楽しみなのが団子だった。祖母や近所のおばさんたちがいつも手作りしていたもの。ずっしり素朴だけど馴染(なじ)む味が今でも忘れられない。作り方を聞いて覚えておけばよかったと顧みても、もうこの世にいない▼昇る朝日からは勢いとエネルギーを受けるが、沈む夕日は深い安らぎと落ち着きをもたらしてくれる。どちらも必要なもの。人の一生にも重なる。黄昏(たそがれ)に差し掛かった年齢の人は周りを温めていく。団子一つとっても思い出されてくる。

過去1週間の天鐘



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。