天鐘
デーリー東北

天鐘

天鐘(1月19日)

 作家の水上勉は10代のころ、京都の禅寺で料理番を務めた。もちろん精進料理である。貧しい寺だったから献立は畑の野菜の具合で決める。これを「畑と相談する」と言った▼困るのは冬である。急な来客の時に、老師から「こんな寒い日は、畑に相談してもみんな寝てるやもしれんが…」と頼まれることも。ほうれん草やカブ、小芋などを組み合わせ、総菜を絞りだしたそうだ。『土を喰う日々』(新潮文庫)で明かしている▼現代の家庭で台所を預かる立場も、今なら思いは近いかもしれない。葉物中心に野菜の値段が高騰している。店頭で財布と相談し、思わずため息を漏らす方もいるだろう▼八戸市内ではレタスが平年の2倍に達したという。キャベツや大根、白菜も。日々の食材だけに家計に響く。価格の安定したカット野菜を使うとか、モヤシを増やすとか、皆さんやりくりには苦労されているようだ。早く値段が落ち着けばいいのだが▼野菜に目を奪われていたが、うれしい発見も。海藻のフノリが店頭に並んでいた。早速みそ汁に放すと、磯の香りがふわっと立ち上る。生ワカメもあったので、こちらはしゃぶしゃぶに。こりこりした歯ごたえがたまらない。春が待ち遠しい風味である▼こんな時、北奥羽地方に暮らして良かったと思う。畑だけじゃない。海にも相談できるのだから。旬の幸をうまく取り入れ、寒さを乗り切りたい。

過去1週間の天鐘

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。