天鐘 
デーリー東北

天鐘

天鐘(7月22日)

 八戸藩はたびたび凶作に見舞われた。海から吹き寄せる冷たく湿った風、ヤマセが大きな要因。干ばつや豪雨の影響も見逃せない。農作物の出来は藩財政と領民の食料事情を左右する。藩の政治はケガジ(飢饉)との闘いでもあった▼八戸藩日記などの文書に、異常気象の対応に苦慮する記述がよく登場する。今から230年ほど前の天明年間には8月中旬になっても稲穂が顔を出す様子がなく、神社で「五穀成就」を祈ったと記されている▼その数日後、藩は別の神社にも天候の回復を祈る「日和乞(ひよりご)い」を命じた。翌月になって雨が続き、強風が吹き荒れると、今度は荒天を鎮める風鎮祭を指示。干ばつの被害が心配な時期には雨乞いも行った▼天候の回復と豊作を寺社で祈る藩命は頻繁に繰り返された。気象についての科学的な知見や、作物の栽培技術が乏しかった藩制時代には、災いを避けるために神仏を頼るしか方策がなかったらしい▼時は流れ、天気予報も農業の技術も飛躍的に向上した。かつて慢性的な食料不足にあえいでいた発展途上国も、品種改良によって穀物の収量が大幅に増える「緑の革命」の恩恵を受ける時代が到来した▼しかし、農業が天候の影響を大きく受ける性質を抱えた産業であることは基本的に今も変わらない。熱帯のような猛暑が続き、過去に例のない大規模な豪雨災害も起きた。「天よ、鎮まれ」と祈りたくなる。

過去1週間の天鐘



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。